クロミッドは、1961年にメレル社(現サノフィ・アベンティス社)が創製した排卵誘発剤クロミッドのジェネリック医薬品です。有効成分としてクエン酸クロミフェンを含み、服用することで排卵を誘発し、不妊症治療に明確な結論をもたらします。排卵誘発剤は、排卵が正常に行われないことによって起こる不妊症の発症に対抗することができます。卵胞の成熟に必要なホルモンの分泌を増加させる効果があります。排卵誘発剤は、卵胞が十分に成熟した時点で、排卵を誘発する可能性が高くなります。

エストロゲンが少なければ、卵胞パワーの源となるホルモンが増え、卵胞が成長します。コカ・コーラ社の「クロメン(Klomen)」は、排卵障害による不妊症の治療薬で、主成分はクロミッドと同じクエン酸クロミフェンである。主成分はクロミッドと同じクエン酸クロミフェンです。人工的に排卵を起こす働きがあるため、正常に排卵しない女性や、月によって排卵にムラがあり不安定な女性が服用することが多い。このように排卵を促す薬を持続性排卵誘発剤(クロミッド)と呼びます。

クエン酸クロミフェンには、抗エストロゲン(抗女性ホルモン)作用があります。クエン酸クロミフェンには抗エストロゲン(抗女性ホルモン)作用があり、卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促し、排卵を誘発させる必要があります。クロミッドは、不妊治療で使用される骨太の不妊症(無排卵度)の女性の排卵継続剤となることがあります。日本では、クリニックで処方してもらえるのはクロミッドが先発品です。クロミフェン・ジェネリック50錠/容器と同じ有効成分であるクエン酸クロミフェンを処方してもらう場合は、クロミッド100錠が必要です。

月経はあるが排卵がないために起こる不妊症のお薬です。一般的には排卵がないお客様に使用されますが、排卵があるお客様でもクロミッドを服用することで卵子が成熟し、妊娠率が6%程度上昇します。排卵障害のみの方の場合、排卵誘発剤で排卵を誘発してから6ヶ月間のトータルの妊娠率は60~75%です。排卵誘発剤は、標的療法、人工授精、体外受精に使用されます。

有効成分であるクエン酸クロミフェンを経口投与すると、卵胞負荷ホルモンの分泌を高めて排卵を促し、放出された卵胞枯渇ホルモンにより卵胞刺激ホルモンが卵胞を成熟させ、黄体形成ホルモンにより通常の排卵に修正させるものです。第一度無月経でも、70歳を過ぎると80%以上、60歳を過ぎると70%以上の確率で排卵が起こると言われています。これに加えて、どんどん歳をとっていくことも妊娠しにくい原因になります。

クロメンは、不妊症の治療に役立つ持続性排卵誘発剤です。日本で処方されている排卵誘発剤のジェネリック医薬品で、トルコで製造されています。クロミッドと排卵誘発剤を初めて使用する場合は、小分けにして1/2錠を1回分として使用するとよいでしょう。成分量が100mgのクロミッドを50%カットした場合、50mgに調整することが可能です。また、これまで排卵誘発剤を使用した経験があり、低用量で効果を実感している場合は、容量を50mgに部分的に調整することも可能です。クロメンは純正品より安価なため、SNSの口コミやブログ、2ch(5ch)などで非常に人気があります。