オキシボロンの成分であるオキシメトロンは、経口同化ホルモン薬(アナボリックステロイド)の一種です。オキシメトロンは、ケガや病気による著しい持久力低下の治療、赤血球の増加や貧血の改善、カルシウムの減少や骨のもろさの改善などに用いられる経口同化ホルモン薬です。もともとは、貧血、骨粗鬆症、体重減少を止める薬として販売されていました。また、再生不良性貧血、先天性再生不良性貧血、骨髄線維症などの疾患にも有効であると考えられています。

初めてオキシポロンを服用する場合は、1日50mgから始めて、体調をみながら徐々に増やしていくとよいでしょう。最初のうちは4分の1に割って4回に分けて服用してもいいですし、朝と晩に1錠ずつ服用することも可能です。オキシポロンが喜ばれているのは、有効成分オキシメトロンが含まれていることで、肝臓や様々なシステムに働きかけて、タンパク質の質の合成を促進させるからです。タンパク質の質の合成が進むと、筋肉の量が増えて体力がつき、故障による持久力の低下が改善されます。

オキシポロンが筋肉増強剤として最もよく使われるのは、同化作用のあるオキシメトロンをベースにしているため、タンパク質合成が高く、その結果、体内に取り込まれるタンパク質が増え、吸収され、筋肉に変換されるからです。また、筋肉増強効果だけでなく、骨髄の役割を高めて赤血球を増やすことで貧血を改善したり、カルシウムの排出を抑えて骨がもろくなるのを食い止める効果もあるとされています。

オキシメトロンは筋肉増強効果だけでなく、脂肪抑制効果もあり、探索情報では50mg群では2.6kg、100mg群では2.5kgの減量が認められ、脂肪抑制効果もあることが分かっています。なお、65歳~80歳のお客様でも高い効果があり、ジムワークや運動をしない方でも、大きな筋肉増加や脂肪減少が見られました。オキシポロンは、経口摂取が可能な蛋白同化ステロイド()であり、日本で通信販売されている製品の中で最も高い効果を持つとされています。もともとHIV感染による貧血トラブル、骨粗鬆症、体重減少の改善を目的として開発されたため、カルシウムの排泄を抑えることで異常動作による基礎体力消耗、貧血改質、骨の脆弱化変容も妨害する。

主成分のオキシメトロンは、男性ホルモンのテストステロンを模倣して、筋肉の成長を促進し、骨髄の利用率を高め、体内の赤血球の価値を高め、肝臓や各官庁のタンパク質合成を増加させる役割を持つ。Oxyporonは、Lloyd Laboratories, Inc.というフィリピンの製薬会社によって製造・販売されています。この会社は、WHOのGMP(Good Faith Manufacturing Practices)や世界各国のFDA(Food and Drug Administration)の材料製剤に準拠して製造していますので、安心して服用することができます。

オキシポロンは、株式会社ロイドラボラトリーズで製造・所在するステロイド剤です。食事から摂取したタンパク質を筋肉に取り込む「同化作用」があります。オキシメトロンは、身体能力の著しい低下の治療、赤血球を増やして貧血などを改善すること、カルシウムの減少を抑えて骨がもろくなるのを止めることなどに使用されています。