低用量ピルは第一世代ではなく第四世代に分類(ディビジョン)され、マーベロンは第三世代の低用量ピルに該当します。マーベロンはエストロゲンの含有量が少なく、体にやさしく、副作用の少ない低用量ピルです。ノベロン0.18mgは、オランダのオルガノン社が開発した第3世代の低用量ピル(避妊薬)で、マーベロンのジェネリック医薬品です。

服用すると、排卵を抑制し、子宮内膜の状態を変化させて破れにくくし、精子が子宮内に侵入するのを防ぐ効果があります。また、マーベロンには、ニキビの治療や脂肪酸の代謝を促進する効果など、女性に嬉しい効果も多くあります。マーベロンは、名門製薬会社MSDが開発・販売する経口避妊薬です。日本では「マーベロン錠21」「マーベロン錠28」の商品名で販売されています。

低用量ピルで排卵を抑制し、卵巣と子宮を休ませてホルモン比率を調整します。そのため、避妊以外の効果も大きい。例えば、月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、更年期障害、難治性にきびなどに輝かしい治療効果を発揮します。マーベロンは、先発メーカーであるMSDの正規品ですので、安心してお買い求めいただけます。

マーベロンは、黄体ホルモンに似た働きをするデソゲストレルが配合されています。デソゲストレルは、男性ホルモンが皮脂腺を活性化させるアンドロゲン作用が少ないので、第二世代の低用量ピルに含まれるプロゲスチンに比べて、ニキビやムダ毛ができにくいのが特徴です。また、避妊だけでなく、生理痛の緩和や定期的な摂取による生理周期の正常化、卵巣がんの予防にも効果が期待できます。妊娠を希望しない方には、イライラを解消する低用量ピルです。服用すると、排卵が起こらないようにすることで妊娠を予防します。

1錠あたりのホルモンの割合が決まっている一相性ピルなので、1錠ごとに成分が異なる三相性ピルのように飲み忘れの心配はありません。女性ホルモンがマーベロンで満たされると、子宮の出入り口で分泌される粘液が強くなって粘着性が増し、精子が子宮に入るのを防ぎます。卵胞ホルモンには、栄養や水分を蓄積する作用があり、食欲を悪化させて体重増加や吐き気などを引き起こすこともある。しかし、マーベロンの卵胞ホルモン製剤は高用量であるため、他の低用量ピルよりも体重増加や吐き気の副作用が少ないとされています。

マーベロンの有効成分は、黄体ホルモンであるデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールです。コンドームよりも避妊率が高く、生理痛や生理不順の改善にも使えるため、多くの女性から輸入されています。女性の妊娠や生理には、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という2つのホルモンが関与しています。マーベロンは、デソゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)の混合物で、両ホルモンを模倣した人工薬物です。特にデソゲストレルは、男性ホルモンに似た働きをする従来のプロゲスチンに比べ、アンドロゲン作用が少ないようです。