トリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを用いて排卵を抑制し、妊娠を防止する低用量経口避妊薬です。トリキュラーに含まれる女性ホルモンの血中濃度が上昇し、ホルモンの均衡が正常から変化すると、子宮内膜が十分に厚くならず、受精卵が着床しにくくなります。トリキュラーがホルモンバランスを変化させると、子宮内膜から分泌される粘液のコミットメントが高まり、精子の子の流れが阻害される。

女性ホルモンである卵胞ホルモンエストロゲンと黄体ホルモンプロゲステロンは、女性の発育や妊娠・出産に関わるとても重要なホルモンです。これらのホルモンを倍増または減少させることで、月経周期のペースを上げ、妊娠・出産につなげるのです。低用量ピルは、黄体ホルモンの種類によって第1世代と第4世代に分類され、トリキュラー21は第2世代にあたります。トリキュラーの避妊効果は、服用している間だけ有効です。服用を中止すると、生理は自然に戻り、妊娠しやすくなります。トリキュラーを長期間服用している場合は、服用を止めてから2ヶ月以内に生理が来るので、不妊になる心配はありません。

トリキュラーEDは、ドイツの大手製薬会社バイエル社が処方・開発したエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを主成分とする避妊用ピルです。トリキュラーは、1999年に日本で初めて処方されました。以来、ほとんどの婦人科クリニックやレディースクリニックで入手できるようになりました。低用量ピルには、初期型、二相性型、三相性型の3種類があり、トリキュラーは三相性型にあたります。ピルに含まれるホルモンの数を3つの状態に分けることで、オリジナルと同じようにホルモンの分泌の推移を起こします。ホルモンの嵩上げが最小限に抑えられるため、第1相に比べ血栓のリスクが軽減されます。

トリキュラーは、ドイツのバイエル社が開発した経口避妊薬です。数ある低用量ピルの中でも特に人気が高く、日本では多くの産婦人科医に処方されています。赤・白・黄の3色のピルを服用することで、ホルモン分泌を正常に導き、排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。決まった時間に決まった方法で服用することが重要で、正しい方法で使用すれば90%以上の確率で避妊することができるピルです。

日本では低用量ピルの代名詞として知られているトリキュラーには、有効成分としてエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)が含まれています。三相性低用量ピルであり、規則正しく飲み込むことで28日間かけて徐々に有効成分を発現させることができるのが強みである。

ゴムは男性に任された避妊法ですが、トリキュラーのような低用量ピルは、女性が自分でできる避妊法として非常に有効です。女性自身が規制する権利を持つため、経口避妊薬による避妊は他のどの避妊法よりも正当であり、妊娠のリスクも限りなく低くなります。低用量ピルの薬理作用には、排卵抑制、子宮内膜増殖抑制、子宮頸管の粘液変化(子宮破裂)という3つのドラスティックな作用があります。トリキュラーは、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルという2つの有効成分を含む第二世代の三相性ピルです。