ビマットはメラニン合成を促進し、まつ毛の色を濃くします。まつ毛の色が濃くなると、まるでまつ毛エクステをしたかのような、生き生きとした輝きのある目元になります。ビマットシリーズは、まつ毛に塗布することでまつ毛の色を濃くすることができます。ビマットを毎日塗ることで、まつ毛の「長さ・太さ・色の濃さ」が改善されます。一時的なアイメイクによるダメージが気になる方、年齢によるまつ毛の衰えが気になる方に効果的な商品です。また、いくつになっても美しいまつ毛を手に入れたい方にも効果的です。

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が十分に生えていない、あるいは半分しか生えていない状態を指します。原因は、加齢、皮膚疾患、イライラ、過労などです。ビマットは、まつ毛の成長期を延長することで、まつ毛の成長を改善します。ビマットの有効成分であるビマトプロストは、毛包を刺激し、スタミド受容体を活性化させます。その結果、毛周期(まつ毛の成長サイクル)の中断期が短縮され、成長期が延長されます。

まつ毛を含む体毛や体型は、ヘアサイクルと呼ばれる周期を経ています。この毛周期は、成長期、退行期、休止期という順番で繰り返されます。成長期には、髪の毛は長く、太くなる傾向があります。退行期には、毛穴から生えてきた毛が成長を止め、そのまま放置されます。成長が止まったまつ毛は、退行期の終わりには毛根からはがれ落ちます。有効成分のビマトプロストは緑内障の治療薬でしたが、目尻の毛が少し増えるという副作用があったため、まつ毛の育毛剤として開発されました。ビマトプロストは、毛乳頭とは無関係の毛包鞘にあるスタノイド受容体を刺激し、ヘアサイクルの成長期を延長してまつ毛の成長を促進し、休止期の毛包を刺激してまつ毛の太さや密度を増加させる。

ビマットで育てたまつ毛は、自然で美しい仕上がりになります。まつ毛エクステやつけまつ毛のようなみっともない方法ではなく、地まつ毛を育てるからです。ビマットなら、瞳の透明感を損なうことなく、豊かでゴージャスなまつ毛を作ることができるのです。ビマットには、虹彩やまぶた、目の周りの皮膚に色味を残すという副次的な効果もあります。特徴的な自然な落ち着きは、継続して使用することで進行し、使用を中止することで徐々に高めることができると言われています。

ビマットは、ビマトプロストを有効成分とするまつ毛育毛剤「ルミガン」の後発品です。ルミガンやケアプロスト製品と同じ成分を含んでおり、同様の効果が期待できます。ルミガンは、2001年3月に米国で高眼圧症を適応症として承認され、その後、世界75カ国で承認されています。ルミガンは本来、緑内障の治療薬ですが、まぶたに使用することにより、まつ毛を強く、太くする効果が長年にわたって確認されています。

ルミガンのまつ毛成長に対する即効性を検証するために行われた臨床試験では、0.03%のビマトプロストを治療に服用した応募者の77.3%がまつ毛の成長を示しました。ビマットも同程度の効果が期待できます。ビマットは、グラッシュビスタと同じ成分で同じ効果を持ちながら、より安価で、コストと効果のバランスが取れた製品です。