ルミガンは、日本では緑内障の治療用点眼薬として承認されています。同量のビマトプロスト0.03%が配合されていますが、まつ毛育毛剤としては承認されていません。しかし、まつ毛育毛剤として認可されているグラッシュビスタと同じようにまつ毛に塗布すれば、まつ毛育毛剤と同じ効果が期待できます。ルミガンは価格もリーズナブルで、2chや5ch、Instagram、Twitterなどでも高い評価を得ており、ユーザーの大半が満足しているというデータもあります。

ルミガンを4ヶ月間使用した後は、2日に1回塗布することで効果を維持することができます。ルミガンの使用を中止しても、使用を再開すれば、まつ毛は元に戻ります。ルミガンは、アイメイクにかかる時間が気になる方や、より艶やかな目元で美しくなりたい方にも効果的です。一人ひとりの地まつ毛を育み、自然で美しい仕上がりを実現します。また、ルミガンは、まつ毛の本数が少ない「まつ毛貧毛症」の治療にも使用できるまつ毛育毛剤です。有効成分ビマトプロストを配合し、まつ毛を育てる効果が臨床試験で実証されています。

ルミガンは、緑内障の患者さんが使用したところ、まつ毛の成長が見られたことから、まつ毛育毛剤として研究・開発されました。その有用性が認められ、正式にまつ毛育毛剤へと生まれ変わりました。まつ毛が気になる方、まつ毛の本数が少ない方には、医学的に認められた育毛剤「ルミガン」がおすすめです。まつ毛を伸ばしたり太くしたりする効果がある化粧品としてFDA(米国保健社会福祉省)が使用を解禁し、日本でも2009年に「グラッシュビスタ」という製品が認可されました。

ルミガンの臨床試験の結果、まつ毛の長さが25%増加、毛髪密度が18%増加、まつ毛1本あたりの密度が106%増加という素晴らしい結果が得られています。緑内障の治療に使用するとまつ毛が濃くなるなど、「育毛」の副作用が多数報告され、その後の臨床試験でルミガンがまつ毛を育てる効果があることが正式に示されました。その後、趣向を変えてまつ毛の育毛剤としても誕生し、華々しく登場しました。

ルミガンの結果の精度を上げるためのチェックとして、効能のないプラセボを投与された側の改善確率を確認することができます。最も評価の高い睫毛乱生症患者85名にプラセボを投与したところ、4ヵ月後の改善確率は17.6%(15/85名)であった。ビマトプロストの修正率(77.3%)と比べても圧倒的な改善率の差があり、ルミガンの効果が「気のせい」でないことを裏付けています。

ルミガンの育毛剤としての有効性はアラガン社によって検証され、2008年にはルミガンの有効成分であるビマトプロストが睫毛乱生症治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可されました。日本では、ルミガンと同じ有効成分ビマトプロストを配合したまつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」が発売されています。

緑内障は、房水(目の中を満たしている湿った感じ)の膨張による瞳孔圧の上昇と視神経の重圧により、目の見える範囲が少しずつ変化していく病気です。緑内障の治療には、症状の緩やかさに応じて計画を選択する必要がありますが、多くの場合、ルミガンなどの薬物治療法からスタートします。