オイラックスは、疥癬(ダニの一種)の駆虫薬です。この薬は、逆効果をもたらすことによって、皮膚のかゆみを鎮めることができます。オイラックスクリームは、炎症を起こすことがあるので、目や口には塗らないでください。急性炎症が治まるまでは、炎症を起こしている皮膚や命にかかわるような外観には塗らないでください。

オイラックス(有効成分クロタミトン)は、皮膚に卵を産み付ける特定の寄生虫を殺す抗寄生虫薬です。オイラックス外用クリームは、疥癬の治療や特定の皮膚疾患に伴うかゆみを抑えるために使用されます。再び疥癬の場合、クロタミトンは疥癬の原因となる疥癬虫に対して駆虫薬として働き、主な症状の一つである痒みを軽減します。通常のかゆみ止めのように抗ヒスタミン剤が出ないため、抗ヒスタミン剤や外用麻酔薬とは作用機序が異なると考えられており、また、皮膚の症状であるかゆみは抑えるが、それ以外の肌質には影響を与えないという特徴があります。

クロトラックスクリーム10%もアボット社製の医薬品の一つとして販売されており、本家オイラックスクリームと同様に素晴らしい治療効果を発揮します。オイラックスクリームは、不幸なかゆみを抑えることができる鎮痒剤(かゆみを抑える薬)です。20gのチューブ入りで、かゆみのある部分に素早く塗ることができ、つらい症状を和らげます。2018年1月、グラクソ・スミスクライン・コンシューマーヘルスケア・ジャパン株式会社は、「オイラックスクリーム10%」を発売しました。が日新製薬株式会社から承認を引き継ぎました。有効成分クロタミトンの作用機序はまだ完全に解明されていませんが、外用抗アレルギー薬やステロイド外用剤とは異なる作用機序を示します。

オイラックスの作用機序は不明ですが、独特の痒み止め効果があり、疥癬の治療に使用すると非常に早く痒み止め効果が現れることから、当時は疥癬の治療に使用されていたものと思われます。また、かゆみを抑えるが、人間の皮膚の他の部分には影響を与えないことから、抗ヒスタミン剤や局所麻酔剤とは異なる作用機序であると考えられている。クロタミトンは、よく耳にするかゆみ止めなどの抗ヒスタミン剤のような副作用が出ないことが分かっています。

オイラックスクリームは、湿疹や虫刺されなどによるかゆみを抑える鎮痒剤です。安全性が高く、ステロイド系のかゆみ止めのような許容できない副作用は起こりません。安全性が高く、ステロイド系のかゆみ止めのような副作用の心配がないため、かゆみの症状が意外に軽い患者さんによく使われています。オイラックスは、抗ヒスタミン薬や局所麻酔薬とは異なる作用でかゆみを止めます。正確な作用機序は不明ですが、クロタミトンは皮膚に不快な灼熱感を生じさせます。この力の源がかゆみを打ち消すと考えられています。