シーナックは、N-アセチルカルノシンと呼ばれる複合タンパク質を配合した白内障治療薬です。古くから一連の白内障の解消に使用されてきた「Can-C」のジェネリック医薬品であり、犬や猫の白内障治療にも安心して使用することができます。白内障の最も一般的な原因は加齢です。加齢により水晶体が白く濁ってくると物が見えづらくなります。白内障の症状として最も多いのは、視野全体がぼやけて、光がまぶしく感じられることです。もちろん、視力の低下も伴います。

シーナックが白内障をはじめ、多くの病気の治療に使われているのは、目にとって多くのメリットがあるからです。白内障は水晶体が濁り、目尻が見えにくくなったり、外光でまぶしく感じたりします。シーナックの主成分であるN-アセチルカルノシンは、水晶体の酸化を防ぎ、白内障を改善する効果があります。また、カルノシンには酸化した物質を元の状態に戻す強い抗酸化作用があるため、N-アセチルカルノシンはカルノシンに変換され、眼内で圧倒的な抗酸化作用を発揮し、水晶体の白濁を改善し透明感をアップさせるのです。

目の仕組みの中で、角膜は他のどの部分よりも外側にあります。角膜は、世の中の目的によって、傷つきやすく、乾燥しやすい。そのため、一般的に角膜には角膜硬化成分と呼ばれる一種の涙が混入されています。すると、これが角膜を保護し、角膜の中に取り込まれます。この角膜保護成分の即効性を強化するのが、カルボキシメチルセルロースという有効成分である。シーナックは、同じ成分を配合した白内障点眼薬として有名な「キャンC」のジェネリック医薬品で、白内障と目のかゆみの保護・治療の両方に使用でき、価格も手頃なことから人気があります。

シーナックは、インタスファーマ株式会社が開発した白内障治療薬「クララドーズ」の後発医療品です。シーナックは、病気の治療だけでなく、不快な思いや疲れを検査するために服用することもできます。冷えや喫煙習慣による煙、汚染された環境などの外的条件による不快な感情や外的直感を改善するためです。白内障の施術を中止する案内がある。白内障以外にも、角膜の詰まり、ドライアイ症候群、眼瞼痙攣、開放隅角緑内障、老眼など、さまざまな目の症状に有効であることが分かっています。臨床試験では、9割の患者さんに視力の改善が見られました。セナックは従来通り、白内障だけでなく、ドライアイや老眼、眼精疲労にも効果があります。

シーナック(白内障点眼薬)は、白内障に効果があるとされる点眼薬です。日本には存在しない白内障治療薬「キャンC」の後発品で、日本では承認されていますが、世界では広く使用されている薬です。成分や効果は先発品の「キャンC」と全く同じですが、低価格でリーズナブルに購入することができます。キャンCの有効成分であるN-アセチルカルノシンは、2010年にFDA(米国厚生省に相当する政府機関)で承認された最新の白内障治療薬で、日本ではまだ承認されていませんが、国際的には広く使用されています。白内障は、体内の抗酸化作用の弛緩により水晶体タンパク質が酸化変性し、目のレンズが濁る病気です。視界がぼやける、物が重く見えるなどの視力障害の症状が出ることがある。